性病を予防する方法

性病にかかってしまう人の特徴

クラミジアをはじめとした性病は日本でも蔓延しており、特に若い世代においてたびたび問題になることも少なくありません。

それではなぜ性病にかかってしまう人がいるのか、その特徴はどこにあるのかと言うと、これは性病の感染経路を知っておくと分かりやすいでしょう。

たとえばクラミジアで言えば粘膜感染なのでセックスやオーラルセックス、ディープキスによって感染する可能性があります。

ですから自分がクラミジアに感染していなくてもセックスする相手がクラミジアに感染していれば自分も感染してしまうリスクが高くなりますし、自分がクラミジアに感染していれば相手に移してしまう可能性が高いのです。

セックスをしていなくても口から感染することがあるので、その点も注意しなければなりません。

つまり性病に感染してしまう人はすでに性病に感染している人と性的な関係を持つ確率が高い人という特徴があげられます。

性病に感染してしまったときの症状

性病に感染してしまったときの症状は男女で少し異なりますが、クラミジアで言えば共通しているのは「自覚症状が比較的少ない」点があげられます。

特に女性の場合はなかなか気付けないことも多く、気付いたときにはすでにかなりの時間が経過していた…というケースもあります。

男性の場合は尿道炎→前立腺炎→副睾丸炎といった症状が出てくるため、排尿痛や残尿感などちょっとした変化がありますが、女性の場合は子宮頸管炎→子宮内膜炎→卵管炎→腹膜炎と進行していくものの、オリモノの量が多くなったり少しかゆみが出たりする程度なのであまり深刻に考えないこともあるみたいです。

しかし症状の進行によって女性のほうが身体的なリスクは高いのです。

性病を予防するにはどうすればいい?

それでは性病を予防するにはどうればいいのでしょうか?

まず予防する方法としてもっと適切なのはセックスをするときには必ずコンドームをつけること、そして不特定多数の人と性的な関係を持たないことに尽きます。

これを意識するだけでもかなりリスクが下がりますし、誰と性的な関係を持ったか分かっていれば感染経路も分かりやすくなります。

もっと言えば普段からパートナーとしっかり性病に関して話をしておき、定期的に検査を受けることをおすすめします。

性病の治療はどんな病気にも言えることですが、早期発見がベストですし、最初の段階で分かれば2週間程度で完治します。

クラミジアは再発する?

クラミジアは自然治癒しないって知っていますか?

性感染症の中でもクラミジアはかかる可能性が高い部類に入るため、名前だけは知っているという人も多いと思いますが、日本では性感染症に関する知識をしっかり伝える習慣がまだまだないのでどうしても軽く考えてしまう人が少なくありません。

知識を伝えないとしても自覚症状が早い段階でしっかり出るような病気であれば危機感を持つのでしょうが、クラミジアの場合はあまり自覚症状がなく、そのために自分がクラミジアに感染していることが分からない人もいます。

その結果、1年経過してやっと自分がクラミジアに感染していたことが発覚するケースもありますし、妊娠をきっかけに検査を行った結果、感染していたことが分かることもあります。

また男性であればはじめに尿道からクラミジアが入ってくるのですが、それが徐々に前立腺のほうへ移行していくと症状が一旦収まることがあります。

そうすると治ったと勘違いしてしまうことがありますが、クラミジアは男女共に一度感染すると自然治癒することはありません。

Continue reading “クラミジアは再発する?”

クラミジアによる影響

クラミジアの症状は下半身だけじゃない?

クラミジアと言えば性感染症のひとつとして知られていますが、これは性交渉によって感染するため、性器に菌が入ってくるというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?
たとえばクラミジアに感染している人とコンドームをつけずにセックスをすれば当然感染する可能性は高くなりますし、自覚症状が出てきたときにも心当たりがつけやすいと思います。
クラミジアはもともと自覚症状がでにくいとも言われていますが、男性であれば尿道炎からはじまり前立腺炎や副睾丸炎の症状が出るようになりますし、女性であれば子宮頸管炎→子宮内膜炎→卵管炎→腹膜炎といった流れで進行していきますので、ちょっとしたことに注意していれば気付くことができます。
男性の場合は残尿感や排尿痛、女性であればオリモノが多くなったりかゆみが出てきたりしますから、そうした変化があれば泌尿器科や婦人科を受診しようと思うはずです。
しかしクラミジアは必ずしも性器からの感染だけではないところがやっかいなのです。

喉からの感染もある

クラミジアは粘膜から感染するため、セックスだけではなくオーラルセックスでも感染する可能性があります。
したがってセックスをしていなくてもクラミジアに感染している人とディープキスをしたりオーラルセックスをすれば感染するリスクがあるのです。
ということは口からも感染するかもしれないので、咽頭炎の症状が出てきた結果、クラミジアに感染していたというケースもあります。
少し喉が痛いときにおそらくほとんどの人が風邪かな?と思うはずですが、クラミジア性咽頭炎の可能性もありますので、もし熱などもないのに喉が痛いのが続いた場合は疑ってみてもいいかもしれません。

クラミジアは除去できる?

そして気になるのはクラミジアは除去できるのか?という点ですが、一般的には投薬治療によって除去することが可能なので、できるだけ早い段階で治療をスタートさせることが重要です。
性器に症状が出た場合は泌尿器科や婦人科を受診すると思いますので、比較的発見も早いですが咽頭炎の場合は内科や耳鼻科を受診することのほうが多いでしょうから、可能性として考えられないか相談してみるといいかもしれません。
そこでクラミジアによるものだと分かれば投薬治療ができます。
また、普段からクラミジアに感染しないための努力をしておくことが重要になりますので、気を付けてください。

クラミジアは泌尿器科でいいの?

クラミジアと泌尿器科

クラミジアになったかもしれないと思ったら泌尿器科で診察や治療は受けられるのでしょうか?
男性の性器クラミジアの場合、泌尿器科で対応できることは多いです。
それ以外のクラミジアについては病院ごとに対応を確認するといいでしょう。
Continue reading “クラミジアは泌尿器科でいいの?”

性病の発見の時期

性病はいつ発見できる?

咽頭クラミジアをはじめ、性病は症状がほとんど出なかったり、一時期を過ぎると症状がなくなり、治ったように見えたりと、感染や発症に気づきにくい場合もあります。
このような性病の発見の時期はいつになるのかというと、自分で性病の可能性を考え、みずから検査を受けに行かない限り、何か性病が疑われる出来事がないといつまでも発見されない場合もあります。
性病が疑われる出来事とは、たとえばパートナーに性病が発覚した場合です。
性行為などしているパートナーにクラミジアや淋病などが何らかのきっかけで発覚した場合、自分も感染している可能性があると気づけます。
場合によっては自分がパートナーにうつした可能性もありますから、このようなことがあれば自分も性病検査を受けるといいです。
これで性病を発見できることもあります。
Continue reading “性病の発見の時期”

性病の発見の方法

性病の発見はどうやる?

性病になったら早く治療をしたいでしょうが、そもそも性病の発見の方法はどうやるのか、風邪などと違う病気ですからよくわかりませんよね。
性病の発見の方法は検査となります。
検査が必要ない性病もあるのですが、多くの性病は検査で判明します。
市販の検査キットも売られていますし、性病の病院に行くとこの検査を受けられます。
検査なしで診断はできるのかというと、これは性病の種類にもよるのですが、それによっては性病を専門にしている医師でも難しい場合もあるのです。
検査は性病の診断のための基本的な手続きとなっていますから、これが性病の発見の方法にもなります。
Continue reading “性病の発見の方法”

かゆみや発熱と性病

性病の症状について

体に何か気になる症状があるとき、それが性病の症状なのではと気になることもあるでしょう。
たとえば気になるかゆみや発熱があるとき、それは性病の症状となるのでしょうか?
その症状だけですぐに判断はできませんが、場合によっては性病の可能性もあります。
いくつかご紹介しましょう。

性器ヘルペス

かゆみと発熱が出る可能性がある性病として、まず性器ヘルペスをご紹介します。
この病気は性器付近に水ぶくれができる病気で、一度なると再発する可能性も高い病気となっています。
なるべくならそもそも感染しないように注意したい病気となるでしょう。
性器ヘルペスの症状ですが、初期感染後、長くて一週間程度の潜伏期間ののち、患部に水ぶくれができます。

この水ぶくれは痛みやかゆみをともなうことがあるのです。
高熱をともなうこともあり、38度以上の熱がでることもあります。
このほか、全身がだるい、足の付け根にあるリンパ節が腫れるといった症状が出ることもありますし、できた水膨れやそれが破れたあとが非常に痛むこともあります。
性病の中では比較的強い症状となりますが、その症状の中にはかゆみと発熱を含むこともある性病です。
特徴的なのは水ぶくれとなりますから、その症状に心当たりがあれば、性器ヘルペスを疑ってみるといいかもしれません。

クラミジアや淋病

かゆみと発熱をともなう性病というと、クラミジアや淋病が当てはまる場合もあります。
これら病気の感染部位は複数あるのですが、よくあるのは性器と喉です
片方だけならかゆみと発熱の両方が出ることは少ないですが、男性が両方に感染している場合、二つの症状が出る場合があります。
かゆみが出るのは、男性の性器がこれら病気に感染した場合です。
このときは尿道にかゆみが出る場合があるのです。

そして発熱は喉がこれら病気に感染した場合に出ます。
このときは風邪のような症状が出るため、熱が出ることもあるのです。
男性が性器と喉の両方にクラミジアや淋病にかかった場合、かゆみと発熱に悩まされることがあります。
なお、これら病気にかかった場合、その他の症状として排尿時の痛み、尿道からの膿、喉の痛みや違和感といった症状が出ることも多いです。

性病が不安なときは性病科へ

かゆみや発熱があり、性病なのではと悩んでいるときは、性病科を受診してください。
ご紹介した病気以外でも症状の出方には個人差があるため、性病に感染する出来事に心当たりがある方なら、それが性病の可能性はあります。
このときに内科や耳鼻科、皮膚科では性病に対応できない場合もあります。
今気になっているそのかゆみや発熱、その他の症状を合わせて性病科で相談すれば、その症状が性病かどうか、ときには検査も用いて医師が判断してくれます。

性病の原因の特定はできる?

性病の原因について

性病になったとき、どんな性病になったのか、どこで感染したのか、その原因が気になるところでしょう。
これは特定できるのかというと、まずその性病を引き起こしている細菌の特定はできることも多いです。
これは性病検査で調べられます。
たとえば排尿時の痛みや尿道からの膿といった症状が出ているとき、可能性としてはクラミジアや淋病などがありますが、検査をすればこれら感染の有無を調べられます。
Continue reading “性病の原因の特定はできる?”

喉に感染するとどうなる?

喉での感染

クラミジアの感染部位は陰部だけとは限りません。
喉での感染もありえるため、十分な注意が必要です。
もし喉にクラミジアが感染したらどのような症状が出るのでしょうか?
実はこのときに症状がでない場合もあります。
だから問題ないわけではなく、むしろ症状がないからこそ感染に気付かず、オーラルセックスなどを通してクラミジアを広げてしまうリスクがあります。
Continue reading “喉に感染するとどうなる?”

咽頭クラミジアが悪化すると?

咽頭クラミジアになると

性病になったときに注意すべきなのは、自然治癒をあまり期待できないことです。
風邪などの場合は病院の治療を受けないとほぼ治らないといった病気ではありません。
しかし性病の場合は自然治癒をあまり期待できず、病院で専用の治療を受けないと治らないのが基本となります。
咽頭クラミジアも同じで、放っておけば自然に治るといったことはあまり期待できません。
そして性病は治療できずにいると悪化することもよくあります。
咽頭クラミジアの場合は悪化するとどうなるのでしょうか?

これについては、悪化によってより重い病気に発展するといったことはそれほどありません。
場合によってはこれまで特に症状がなかったものの、咽頭クラミジアの主な症状となる喉の痛み、違和感、発熱、頭痛といった症状が出る方もおられるかもしれません。
悪化による重症化はあまりない病気となりますが、性病の一つになるのは間違いありません。
咽頭クラミジアかなと思ったら悪化を待たずにすぐ治療を開始できるのが望ましいです。

咽頭クラミジアの怖さとは

咽頭クラミジアの症状を知るとあまり怖くない病気のように思えるかもしれません。
しかしあまり重い症状が出ないことが咽頭クラミジアの怖さとなっています。
もともとこの病気は自覚症状がほとんどない場合も少なくないのです。
自覚症状が出たとしたら先にご紹介した風邪のような症状が出ることが多いのですが、そもそもそのような症状が出ないことも珍しくありません。

長期間感染していると悪化し、必ず別の症状が現れるとしたら咽頭クラミジアも感染に気付きやすく、治療する機会の多い病気となるのですが、必ずしもそのような特徴もないのです。
そのため自分が咽頭クラミジアにかかっていることに気づいていない感染者がかなりいるのではとも言われています。
自分が性病にかかっていることに自覚がないと、気づかずにパートナーとディープキスやオーラルセックスに及んでしまい、さらに感染を広げる結果となります。
このような気づきにくさが咽頭クラミジアの怖さとなっています。

咽頭クラミジアへの対応法

咽頭クラミジアかなと思う症状があったり、この病気のことが心配だったりするときは、性病科で相談してみましょう。
すでに風邪のような症状があっても内科や耳鼻科では咽頭クラミジアの対応があまりできない場合があります。
実際に喉を診察しても特に異常は認められない場合も多いため、患者の自己申告なしではクラミジアの可能性に気づけないことも珍しくありません。
性病科を利用すると喉の検査を受けられるため、症状があってもなくても感染の有無を客観的に調べられます。
そちらで検査を受け、もし陽性なら専用の薬で治療できます。